• トップ

不動産経営時の物件選定方法

不動産経営における物件の選び方

不動産経営で大切な選び方

不動産経営では物件の選び方が大切となります。収益をあげることがことが目的である以上は、立地の良さが大切です。立地さえ良ければ、他の部分に多少劣るところがあってもカバーできます。しかし、立地の悪さを他の部分でカバーすることはきわめて難しいことです。不動産経営では事前に収支計算により収益性を確かめるのが一般的です。利回りは収益性を判断する重要な指標になります。利回りと共に大切なのが入居率です。入居率は立地の良い物件では下がり難く、立地の悪い物件では下がりやすい傾向にあります。物件の選び方は、立地の良さを中心に行う必要があります。不動産経営での良質な物件の選び方は、立地条件を始めとして、築年数や入居率などを総合的に判断することが必要です。立地の悪い場所では競合がないことも必要です。競合が新築の場合は、古い建物は競争に勝てません。古い建物でもリフォームにより新しく見せることは可能です。新しく見せることにより、入居率を保てる場合があります。不動産経営は、不動産の良し悪しを見極める目が必要となります。最寄り駅からの距離や時間には敏感になることが大切です。建物が古い場合は、耐震診断や耐震補強が必要となる場合があるので、注意が必要です。

バックナンバー

不動産経営の良い情報

新着情報

↑PAGE TOP